高級外車に乗りたい男のためのステータス向上ブログ

ネットショップビジネスという一つの案

今回は副業案として、ネットショップビジネスについて考えてみたい。

前回はネットで商売するためには検索エンジン対策が必要という話をした。


もちろんそれはネットショップビジネスについても同様のことと言える。
検索順位が上がらなければ、物は全く売れないだろう。

だが、一つだけ検索エンジン対策をしないで済む方法がある。

それは、マーケットに入るということだ。

具体的には楽天市場などのマーケットだ。
 

楽天市場でのネットショップ

例えば、楽天市場にショップを出店したとする。

すると、楽天市場を使っている顧客がすでにいるのだ。
そのすでに顧客化している相手を対象に取引することができるため、
検索エンジン対策をする必要はない。

ニーズと価格で勝負すればいいのである。

これを聞いて楽天に出店してみようかなと思った人は甘い。
なぜなら楽天は出店料(費用)がバカにならないからだ。
ランニングコストがかかりすぎる。

ちょっと売上の予定が狂っただけですぐに赤字になりかねない。

相当な勝算がないとやってはいけない領域ではないだろうか。

とはいえそこまで悲観的になる必要はない。
楽天の会員数は1億1千万人以上いて、その全てがお客さんなのだから。
ここまで巨大で売りやすいマーケットはあまりない。

楽天セールなどに便乗することもできる。

本気でやってみたいという人は一度挑戦してみる価値はあるだろう。
もちろん本当に楽天へ出店する場合は、最初の計画で利益率などを厳しく計算してから出店することをお勧めする。


トップページへ