高級外車に乗りたい男のためのステータス向上ブログ

シャンプーの仕方が育毛を変える?

ここ数年どうにも頭皮が目立つように思う。

アラフォーに足を突っ込んで体も老化する時期が来たから仕方ないといわれれば反論できないのだけれど、ハゲは嫌だし。

ついでに、できるだけ若々しくいたい。何をすればいいかと考えてみる。

洗髪料を変更した結果髪のかさがちょっぴり増えたように感じ、髪型も簡単にキメやすくなったと感じます。抜ける毛の量もこれまでと比べて改善した感じもあるので、ずっと使ってみることになった。私が買った頭皮対策のシャンプーのパッケージに「洗髪料とは頭皮や髪の汚れをきれいにすることでなく頭皮(スカルプ)環境を改善するのが大事」なんという趣旨のことが書いてあったが、事実使ってみてそれが正解だなと頷く他ないと感じたのです。

育毛対策における死角といえますね。

若い時から疑問を感じずやっていたシャンプーのやり方が誤りだったと知って、頭皮の環境を自ら悪くして、増毛対策の障害になっている元凶である場合もあるとわかりました。

育毛対策に特化した洗髪剤を購入して、髪の毛の洗い方に対しても再度確認してみようと思った。大多数の人がしていると推測するのだけど、髪の毛の汚れをなくそうとていねいにゴシゴシ洗うのこそが発毛によくないみたいなんです!

スカルプ環境が回復してきたのでしょうね。

以前にはしばしばあった、急に生え際を掻きむしりたくなることが全くなくなってきました。それから、頭皮を見ると少し前は赤色だったのに対して、白さが目立つように。

この状態こそ血行がよくなったためです。